レンタルサーバの老舗「エックスサーバー」で、サクッとサイトを公開する方法についてまとめてみました。

【今回やること】
■エックスサーバーを申し込む => X10プランを利用します
■ドメインを取得する => エックスサーバーで取得・管理します
■エックスサーバーとドメインを紐づける
■WordPressをインストールしてサイトを公開してみる(デザインのカスタマイズはなし)

エックスサーバーを申し込む

エックスサーバーへは、以下のページから申込みを行います。
[ レンタルサーバー【エックスサーバー】 ]

ページの下に「お申し込みはこちら」というバナーがあるので、そちらをクリックして下さい。
お申し込みバナー

今回は、初心者の方向けの解説になるので、「新規お申込み」から申込みを行います。
エックスサーバー 新規申し込み

新規お申込み」をクリックすると、以下の入力画面に遷移します。
少し項目が多いですが、各項目入力して下さい。
新規申し込み入力画面

サーバーID(初期ドメイン)
サーバーIDの項目には任意でお好みの文字列を入れてください。
初期ドメインにも使用される文字列ですが、そもそも初期ドメインでサイトを運用することは無いので、
考え込む必要はありません。
プラン
プランを選択して下さい。
大規模なサイトでない限り、「X10プラン」で充分です
登録区分
「個人」か「法人」かを選択して下さい。
インフォメーションメールの配信
お知らせなどのメールが不要であれば、チェックを外しておいて下さい。
「利用規約」「個人情報の取扱いについて」に同意する
「利用規約」「個人情報の取扱いについて」に一通り目を通してからチェックを入れて下さい。

※注意点:
メールアドレスを間違えるとエックスサーバーからのメールを受け取れないので、
 間違いがないかだけもう一度確認を行って下さい。

各項目もれなく入力が完了すると、「お申し込み内容の確認」ボタンが活性化するので、
そちらを押して、申し込みまで完了させて下さい。

申し込みが完了すると、エックスサーバーから直ぐにメールが届きます。
この時点ではまだ試用期間になり本契約ではないですが、これでサーバを利用できるようになりました。

代金の支払い

上記で申し込みまで完了したら、次は料金の支払いを行います。
※取りあえず仮申し込みの状態で試してみたいという方は、料金の支払いは後回しでもOKです。

まずは、「インフォパネル」からログインして下さい。
インフォパネルのログイン画面
※インフォパネルのログインアカウントはメールで送信されてきます。

ログイン後にインフォパネルのトップページに遷移します。
料金のお支払い/請求書発行
トップページの左メニューにある「料金のお支払い/請求書発行」をクリックして下さい。

支払いサーバを選択
該当サーバを選択して「お支払いを方法を選択する」をクリックして下さい。

支払い方法の選択画面に遷移します。
支払い方法を選択

支払い方法は複数用意されていますが、クレジットカード決済が一番簡単です。
クレジットカード決済
クレジットカード番号有効期限を入力して、支払いまで完了させてください。
更新のし忘れが不安な方は「自動更新設定を行う」にチェックを入れておくと、便利です。

他にも「銀行振込」「コンビニエンスストア」「ペイジー」での支払いも可能です。
クレジットカードをお持ちでない方は、そのいずれかの方法で支払いを行って下さい。

ドメインの設定を行う

ドメインを取得

インフォパネル」のトップ画面に戻って下さい。

インフォパネル サービスお申し込みを選択
画面左に「サービスお申し込み」というメニューが存在するので、そちらをクリックして下さい。

サービスの申し込みページに遷移するので、「ドメイン」の項目にある「新規申し込み」をクリックして下さい。
インフォパネル ドメインサービスを選択

「利用規約」「個人情報の取り扱い」のページに遷移するので、「同意する」をクリックして下さい。
ドメイン申し込みのプライバシーポリシー

ドメインの検索画面に遷移するので、
取得したいドメイン名を入力してドメイン種類をチェックして下さい。
今回は、解説用に「hpkaisetsu.info」というドメインを検索して取得してみます。

インフォパネル ドメイン検索
hpkaisetsu」を入力して、「info」にチェックを入れて、「ドメイン名チェック」をクリックします。

ページ下に該当ドメインのチェック結果が表示されるので、そちらを確認してみて下さい。
インフォパネル ドメインチェック結果
「〇取得可能です。」となっているので、早速「hpkaisetsu.info」を取得してみます。

「hpkaisetsu.info」にチェックを入れて、「お申し込み内容の確認・料金のお支払い」をクリックして下さい。
※「ネームサーバー初期設定」の項目は、「『エックスサーバー』を設定する(標準)」を選択して下さい。

支払い方法の選択画面に遷移します。
ドメイン 支払い方法を選択

支払い方法は複数用意されていますが、クレジットカード決済が一番簡単です。
ドメイン クレジットカード決済
クレジットカード番号有効期限を入力して、支払いまで完了させてください。
更新のし忘れが不安な方は「自動更新設定を行う」にチェックを入れておくと、便利です。

入力が完了したら、このままクレジット決済を完了させて下さい。
決済が完了するとドメインの取得が完了するので、念の為に取得したドメインを確認してみます。

画面左にある「契約情報」メニューをクリックして、「ドメイン」タブを選択して下さい。
契約情報メニュー
取得したドメインが表示されている筈なので、該当ドメインの「ドメインパネル」を開いて下さい。

【ドメインパネル】
ドメインパネル

ざっと内容を確認してみて下さい。
ネームサーバーもエックスサーバーのものが登録されていることが分かります。

この後は、サーバーパネルに移動してドメインの設定を行います。

ドメイン設定

[ サーバーパネル ]へログインして下さい。

ログイン後サーバーパネルのトップ画面に遷移するので、「ドメイン設定」メニューを選択して下さい。
サーバーパネル ドメイン設定

ドメイン設定の画面に遷移したら、「ドメイン設定追加」タブを選択して下さい。

サーバーパネル ドメイン追加

【ドメイン名】
→取得したドメイン名を入力して下さい。
【無料独自SSLを利用する(推奨)】
→現在、SSLの設定は必須なので、チェックを入れて下さい。
【「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)】
→チェックを入れて下さい。

各項目の設定が完了したら、「確認画面へ進む」をクリックして、そのまま追加まで完了させて下さい。

これでドメイン設定は完了です。
この状態でしばらく待つと、追加したドメインとサーバとの紐づけが完了するので、
取得したドメインでサイトを公開できる準備が整いました。

WordPressをインストールする

WordPressについて

最後は、いよいよWordPressのインストールです。
ざっくりと説明すると、WordPressとはWEBサイトを簡単に公開できるソフトウェアで、
テーマというものを変更するだけで、自分の好きなデザインに変更できる便利なツールです。

しかも、世界中の多くの有志が様々なテーマを無料(有料テーマもあり)で公開してくれているので、
選択出来るテーマが無数にあります。

それに、プラグインというものを追加するだけで、様々な機能を追加することも可能になっているシステムです。

このプラグインも多くの方が無料で公開してくれています。
ありがたいですね!

WordPress簡単インストール

それでは、早速インストールを行っていきます。
といっても、エックスサーバーには「WordPress簡単インストール」という機能が用意されているので、WordPressのインストールは簡単です。

まずは、[ サーバーパネル ]へログインして下さい。

ログイン後サーバーパネルのトップ画面に遷移するので、「WordPress簡単インストール」メニューを選択して下さい。
サーバーパネル WordPress簡単インストール

ドメイン選択画面」に遷移するので、該当ドメインを選択して下さい。
該当ドメイン選択

WordPress簡単インストール」の画面に遷移するので、「WordPressインストール」タブを選択して下さい。
以下のような入力画面に遷移します。
WordPress簡単インストール 入力画面

あとは、各項目入力して下さい。

【インストールURL】
WordPressをインストールするURLを設定します。
基本的には空白のままでOKです。
【ブログ名】
ブログ名(サイト名)を入力して下さい。
【ユーザ名】
インストール後の「ユーザ名」の変更は行えないので、注意して下さい。
【パスワード】
必ず記号を含んだ複雑な文字列を設定して下さい。
パスワードが単純な文字列だと不正アクセスにより被害を受けてしまうことがあるので、
決して破られないようなパスワードを設定して下さい。

【メールアドレス】
実際に利用しているメールアドレスにして下さい。
【キャッシュ自動削除】
ONにする」のままでOKです。
【キャッシュ自動削除】
自動でデータベースを生成する」のままでOKです。

各項目への入力が済んだら、あとは「確認画面へ進む」をクリックして確認画面に移動して下さい。
登録内容を確認して問題が無ければ、そのままインストールまで完了させてください。

WordPressを触ってみる

インストールまで完了したら、実際にWordPressの管理画面にログインしてみます。

ログイン画面(管理画面)のURLはインストール完了後の画面にも記載されていると思いますが、
https://hpkaisetsu.info/wp-admin/
になります。
※ドメイン部分は各自のドメイン名に変更して下さい。

以下のような画面に遷移するので、インストール時に設定した「ユーザ名」と「パスワード」でログインして下さい。
WPのログイン画面

無事ログインを行えたら、このようなWordPressの画面に遷移します。
WordPressのダッシュボード
こちらの画面はダッシュボードと呼び、管理画面側のトップページになります。

様々な情報が表示されていますが、基本的には、ダッシュボードで何かの作業を行う機会は少ないです。

画面の左側に「投稿」や「メディア」「固定ページ」・・・などのメニューが表示されていますが、
こちらから作業を行います。

例えば、記事の投稿や編集などを行う場合には投稿メニューより行います。
画像やファイルの操作を行う場合にはメディアというメニューから行います。

WordPressの管理画面は複雑な設計にはなっていないので、慣れてくれると、どのメニューでどのような操作が可能かは直感的に分かるようになります。
まずは、いろいろと触ってみて、慣れるところから始めてみて下さい。

最後に、ユーザーへの公開ページも確認してみましょう。
と言っても、
https://hpkaisetsu.info/ へアクセスするだけですが。
※ドメイン部分は各自のドメイン名に変更して下さい。

管理画面から記事を投稿して、ユーザー側ページに反映されるか確かめてみて下さい。
問題なく反映されれば、取りあえずサイトの公開までの作業はこれで完了です。