URLの分散(wwwあり・wwwなし)によるデメリット

普段、様々なホームページを見る機会があると思いますが、
URLを確認すると、
ドメインの前にwwwが付いているサイトwwwが付いていないサイトがあると思います。

このwwwありwwwなしはSEOには影響しません。

それは、一般的に良く知られていることですが、
同一のWEBサイト内に、
wwwが付いているページwwwが付いていないページが混在するのはNGです。

勿論、
同一ページなのに、wwwありwwwなしのどちらでもアクセス出来てしまうのも良くありません。

その理由は、
URLが分散してしまう為です。

分散してしまうというのはどういう意味なのか?

分散してしまうというのはどういう意味なのか?
と言いますと、
Googleの検索エンジンは同一コンテンツのページであっても、
www付きのページwwwなしのページを別ページとみなしてしまいます。

例えば、
http://sample.com/company/

http://www.sample.com/staff/
は別サイトのページとみなされてしまいます。

また、
http://sample.com/company/

http://www.sample.com/company/
は、
ユーザーからは同じページに見えても、
Googleのロボットには別ページとみなされてしまいます。

では、
それの何が問題なのか?
と言うと、
例えば、
「http://gaibusaite01.com/」という外部サイトからhttp://sample.com/へリンクを貼って貰うと、
http://sample.com/の評価は上がりますが、
http://www.sample.com/の評価には影響がありません。

http://sample.com/

http://www.sample.com/
は別サイトとみなされているので、
当然ですね。

逆に、
「http://gaibusaite02.com/」という外部サイトからhttp://www.sample.com/へリンクを貼って貰うと、
http://www.sample.com/の評価は上がりますが、
http://sample.com/への評価には影響がありません。

折角、「http://gaibusaite01.com/」と「http://gaibusaite02.com/」の2サイトからリンクを貼って貰っているのに、
Googleは1サイトからのリンク分しか評価してくれないことになります。

それは、
SEO上非常に勿体ないことをしていることになります。

では、どうすればいいのか?
と言いますと、
wwwあり、または、wwwなしのどちらかに統一すれば解決します。

具体的には、
wwwありでサイト運営する場合には、
http://sample.com/
へのアクセスは、
http://www.sample.com/
に強制的にリダイレクトしてやればOKです!

逆に、
wwwなしでサイト運営する場合には、
http://www.sample.com/
へのアクセスを、
http://sample.com/
に強制的にリダイレクトしてやればOKです!

wwwあり・wwwなしURLの統一作業

wwwありwwwなしを統一するもっとも一般的な方法は、
WEBサーバにApacheを利用されている場合(共用サーバはほとんどの場合、Apacheです)、
.htaccessを使用する方法です。

方法に関してはまた詳しくまとめますが、
取りあえずは以下のページなどを参考にしてみて下さい。
https://www.deep-blog.jp/engineer/archives/944/

あとは、
・Apacheの設定ファイル(httpd.conf)で設定する方法
・canonicalタグを使った方法
・Googleのサーチコンソールで統一する方法
などがあります。