こちらの記事では、
WEBサイトのwwwありwwwなしを統一する方法についてまとめていきます。

細かい説明は行いませんが、
・同一のWEBサイト内にwwwありwwwなしのページが混在している
・同一ページなのに、wwwありでも、wwwなしでも、そのページのURLにアクセス出来てしまう
というのは、
SEO上、非常にまずいです。

そこで、ホームページを運営する際には、
ユーザーがアクセスできるURLをどちらかに強制的に統一しておきましょう!
というのが、一般的な考え方です。

wwwあり、wwwなしを統一する方法

.htaccessを使って統一

一番手っ取り早く設定する方法は、.htaccessを使った方法です。

ホームページの公開ディレクトリ内(トップページのindexと同じ場所)に.htaccessを作成して、
以下を記述してみて下さい。
※もし、既存の.htaccessが存在する場合には、適当な個所に追記して下さい。

wwwありに統一する場合と、wwwなしに統一する場合で、コードの書き方が異なるので、
それぞれ、分けて説明します。

【wwwありに統一する場合】
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

.htaccessの設置が終わったら、
http://example.com/
へアクセスしてみて下さい。

http://www.example.com/
へ正常にリダイレクトされれば、問題なく設定できています。

【wwwなしに統一する場合】
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.sample\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

.htaccessの設置が終わったら、
http://www.example.com/
へアクセスしてみて下さい。

http://example.com/
へ正常にリダイレクトされれば、問題なく設定できています。

因みに、こちらで紹介した記述は、最も基本的な書き方だと考えてください。

稀にですが、
レンタルサーバによっては、このままでは正常に処理してくれない場合もあります。

その場合には、サーバ会社名などで調べてみて下さい。
大概の場合、誰かしらが情報を公開してくれていると思います。

httpd.confを使って統一

httpd.confを使って、wwwありwwwなしを統一する方法もあります。

ただ、
共用サーバだと、通常、httpd.confへアクセスの権限がないです。
また、httpd.confを直接修正するのは、上級者向けの作業になるので、
こちらの記事では紹介しませんが、
興味のある方は調べてみて下さい。

最後に

こういった作業をURLの正規化と言います。

サイト運営時には必ず意識しておかないといけないことなので、
基本的なことはしっかりと抑えておいて貰った方がいいです。

と言っても、ほとんどの場合、記述内容は使いまわしできますし、
設定する内容も決まっているので、
難しく考える必要もありません。

因みに、URLの正規化では、
・「index.html」「index.php」のあり、なしの統一
・HTTPS(https://)への統一
なども重要になってきます。

これらの方法は、また別の機会に紹介します。

それと、URLの正規化を行っていない既存サイトもあると思います。
その場合には、設定後に思わぬ場所でエラーが発生していたということも、
恥ずかしながら、過去にあったので、
URLの正規化を行った後には、しっかりチェックを行うようにして下さい。