ディレクトリ名で使用する区切り文字は、アンダーバー(アンダースコア)?ハイフン?

WEBサイトを作成する際、
下層ページのディレクトリ名にアンダーバー(_)ハイフン(-)を付けることは良くあります。

このアンダーバーやハイフンですが、きちんと使い分けされているでしょうか?

はっきり言うと、そこまで気にする必要もないのですが、一応、ルールというもの存在しており、
・一つながりの言葉を区切る場合には、アンダーバー(_)
・複数の独立した言葉(キーワード)をつなげる場合には、ハイフン(-)
を使います。

とは言え、
厳密に守るほどの重要な事でもないですし、
皆さん、結構あいまいに利用されています。

なので、
アンダーバーの方が好きという方は、アンダーバーを、
ハイフンの方が好きという方は、ハイフンを利用されればいいと思います。

じゃあ、どちらでもこだわりがない人はどちらを利用すればいい?
と聞かれた場合には、
私は、ハイフン(-)でつなげることをおすすめしています。

URLの構造は、出来る限りシンプルに、かつ、分かり易くというのが基本です。

アンダーバーとハイフンのどちらを使用してもURLが複雑にはなることはないですが、
ハイフンの方が各キーワードを認識しやすいです。
アンダーバーだと、どうしても各キーワードがつながっているように感じてしまいます。

それに、
Googleも、区切り文字にはハイフンの利用を推奨しているので、素直にハイフンを使いましょう!
というのが、私の考えです。

ディレクトリとSEOの関係

皆さん、やはり一番気になるのは、ディレクトリ名がGoogleの検索ランキングにも影響するのか?という点ですよね。
そこで、ディレクトリ名とSEOとの関係についても、少しまとめておきます。

アンダーバーとハイフン、SEO上どちらがいい?

アンダーバーとハイフンの使い分けについて説明してきましたが、SEO上は、どちらを使っても大差はありません。

検索ランキングへの影響は、どちらを利用しても、意識する必要はないです。

以前は、いろいろと論争もありました。
それに、古い記事を見ると、ハイフンで区切った方がSEO上有利!と記載されていることもあります。
が、それは以前の情報になるので、現在は、気にする必要はないです。

ディレクトリ名に含まれるキーワードとSEOとの関係

アンダーバー・ハイフンよりも、
気にするべきは、ディレクトリ名に含まれるキーワードです。

URLに含まれるキーワードについては、
わずかですが、Googleの検索ランキングに影響すると言われています。

※検索ランキングのシグナルとして使用していることは、Googleの担当者も認めています。

ただ、過度な期待はしないで下さい。
検索ランキングへの影響は極わずかです。

仮に、自分が書いた記事と同じテーマの記事URLにキーワードが含まれていなくても、
・コンテンツが充実していたり、
・他サイトから被リンクを一つでも多く貰っていれば、
そちらの記事の方が上位にきます。

その程度の効果だと考えて貰っていいと思います。

とは言え、やはり、わずかでも影響があるのであれば、
ディレクトリ名にもキーワードを含めることをおすすめします。

それに、ディレクトリ名から記事の内容が分かるようにしておく方が、
ユーザーにとっても親切だと思います。

最後に

URLのディレクトリ名に使用する区切り文字は、
アンダーバー(_)とハイフン(-)のどちらでも構いません。

ただ、URLは「シンプルに、かつ、分かり易く」というのが基本なので、
ハイフンを使って、各キーワードを分かり易く区切った方がいいです。

また、URLに含まれるキーワードは、
わずかな影響ですが、検索ランキングのシグナルにも利用されています。

その辺も意識して、ディレクトリ名にもキーワードを含めるようにしましょう。

※今回の記事の内容は、ファイル名を付ける場合にも、同様に考えて頂ければと思います。