SEO業者は不要です!

こちらの記事の内容は、タイトル通りですが、
SEOの専門業者って今の時代、必要?
という話です。

結論から言うと、
今の時代、SEO専門業者は不要です!
現在のSEO対策は、自分でやれます。
というのが、私の考えです。

まず、私がWEB制作の業界に入った当初の話になりますが、当時は、多くのSEO業者がはびこっていました。

このSEOを専門する業者が何をやっていたのかというと、
主に2通りの手法を使っていました。

1つは、外部対策、つまり、被リンク集めです。

自分たちで大量のサイトを立ち上げておいて、そのサイトからリンクを貼ったり
別のサイト運営者に「そちらのサイトに、こちらのサイトのリンクを貼って貰えませんか?」といって、取りあえず、被リンクを集めたり
というものです。

2つ目は、内部対策です。
勿論、現在の内部対策とは全く異なり、
メタキーワードに、ターゲットとするキーワードを突っ込んだり
ホームページの随所にキーワードをちりばめたり
といったことをやっていました。

今の時代、
メタキーワードはSEO上何の意味も持ちませんし
こんなことをやっていれば、当然Googleからペナルティーを貰ってしまいますね
さすがに、もうやっているSEO業者は無いと思います。

でも、SEO専門業者が儲かっていた時代は、
コンテンツの中身よりも、こういった小手先の手法が重要視されていたので、
仕方なかったんです。

ただ、SEOの手法は時代とともに変わります。
特に、Googleの「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」以降、大きく変わり、
上記のような手法はペナルティーを受けるようになりました。

今、SEO専門業者と名乗っている連中に出来るのは、サイトを診断して、レポートにまとめることくらいです。

自分たちでHTMLを修正出来ない業者も多く、
診断後は、サイトを制作した制作会社に修正して貰って下さい。
で終わりです。

これに高いお金を払う価値があるのか?
ということは、
発注する前に必ず自問自答した方がいいです。

まあ、それはさておき、
せっかくなので、こちらの記事では、
ペンギンアップデートとは?
パンダアップデートとは?
なぜ、今の時代、SEO業者は不要?
今必要なSEO対策は?
という点についてまとめてみました。

パンダアップデートとペンギンアップデートについて

パンダアップデートペンギンアップデートといえば、
Googleの検索ランキングにとても大きな影響を与えたロジックの変更で、
いまでもこれらのアップデートは生きています。

まずは、パンダアップデートについて

パンダアップデートとは、質の低いコンテンツに対してペナルティを与えるというものです。

これにより、中身のない薄っぺらなページ取りあえず並べただけの様なキーワードには価値がなくなり、良質なコンテンツが上位に上がってくるようになりました。

また、重複コンテンツに対してもペナルティーが課されるようになり、
Googleに重複しているとみなされたページは、検索ランキングの上位には上がってこなくなりました。
コピペで大量に作っていたサイトの検索ランキングが急に下がったと言われる業者さんも数多くいると思います。

因みに、パンダアップデートは、2011年に導入され、日本では2012年に実施されました。
何気に結構前ですね。
当時、WEB制作の現場では騒がれたのを、今でも覚えています。

「検索しても、サイトが上位に出てこなくなったんですけど。。。」というお客さんからの問い合わせがあったことも、
今は懐かしい思い出です。

ペンギンアップデートとは?

ペンギンアップデートとは、リンクの質に対する評価を見直すため、2012年に導入された検索エンジンのアルゴリズムで、
これにより、低品質なリンクを貰っているサイトやページの評価が一気に落ちました

Googleは、被リンク(他サイトにリンクを貼って貰っていること)も検索ランキングを決定するアルゴリズムに組み込んでいます。
「他サイトから被リンクを多く貰っている = そのサイトが、他者から評価されている」といったアルゴリズムなんですかね?

問題は、それを悪用して、多くのSEO業者が、自社で用意した質の低いサイトからリンクを貼るといった、悪行を行って、お金を稼いでいたということです。

この自作自演の様な被リンク対策に対してペナルティーを与えるために実施されたのがペンギンアップデートで、
これにより多くのSEO業者が影響を受けました。

このようなSEO業者がペナルティーを受けるのは当然ですが、
自社サイトでも、意図せず、質の低いリンクを設定していないか?
も注意して下さい。

ハミングバードとは?

ついでに、2013年に導入されたハミングバードというアルゴリズムについても、
簡単に触れておきます。

上記で触れたパンダアップデートやペンギンアップデートが、検索エンジンの部分的アップデートなのに対して、ハミングバードとは検索エンジン全体の新しいアルゴリズムになります。

何が変わったのかというと、
以前の検索エンジンは、キーワードによる検索を重視していました
それに対して、
ハミングバード以降は会話型の検索が行われるようになりました
ということです。

これにより、
例えば、「新橋駅 品川駅」と検索した際に、
ユーザーが新橋駅と品川駅のそれぞれの駅情報を求めているのではなく、
新橋駅と品川駅の間の移動手段について調べている判断できるようになりました。

実際に、上記のような検索を行うと、上位には駅の乗り換え情報や電車の時間に関する情報が出てくると思います。

検索エンジン自身が、ユーザーが求めている情報を理解して、必要な情報をよりピンポイントに返すことが出来るようになったということですね。

今必要なSEO対策は?

今の時代、最も有効なSEO対策は、良質なコンテンツを増やすことです

これが、コンテンツ作成自体をSEO対策と言えるのかは微妙ですが、
内部対策などに時間を掛けすぎに、それよりも、コンテンツを増やすこと、さらには、それらのコンテンツの中身を充実させることが、
一番重要です。

その為に、
ブログを書いている方は、充実した内容の記事を書きましょう!

サイト管理者の方は、ユーザーが自社のサイトに何を求めているのかを考えて、ページコンテンツを増やしましょう!

あと、
記事やページの内容などを定期的に確認して、その時々に合った内容に中身を修正するようにして下さい。

間違っても、自社の古い商品の情報をそのまま掲載していたり、
逆に、新商品をサイトに掲載し忘れていたなどということが無いようにして下さい。

ついでに、
情報が古くなり過ぎて意味のなくなったページなどは、思い切って削除してしまうのも重要です。

なぜ、今の時代、SEO業者は不要?

最後に、この記事のテーマでもある、なぜSEO業者は不要なのか?という点について、
まとめていきます。

まず、勘違いして頂きたくないのは、SEOの内部対策も外部対策もまだ必要だということです、

titleタグやh1タグにキーワードを入れることは必要ですし、あと、imgタグのaltの設定も必要です。

また、外部サイトから自分のサイトのリンクを貼って貰う外部対策もSEO上は重要です。
※不自然なリンクは、ペナルティーを貰ってしまうので、止めて下さい。

ただ、これらは、面倒ですが、自分で出来ます

本を1、2冊買って読んで頂ければ、SEO対策に関する表面的な内容は分かりますし、
SEO界隈で有名な方のブログなどに目を通して貰えば、最新のSEO対策についての情報も手に入ります。

もし、自分でHTMLなどを触れないという方は、社内のコーダーの方に頼むなり、
個人の方は、ネットで調べて、自分で修正して下さい。

今の時代、上記にも記載したように、内部対策や外部対策以上に重要な対策はあるので、
これらに高いお金と時間を掛けるのは、正直、無駄です。

それよりも、良質なコンテンツを増やすことを心がけましょう!