最近評判のレンタルサーバmixhost(ミックスホスト) + WordPressでホームページを公開するまでの流れをまとめました。

【今回の記事でやることは以下です】
■mixhost(ミックスホスト)を申し込む
■お名前.comでドメインを取得する ※mixhostでは、ドメインの管理代行サービスは行われていません
■サーバとドメインを紐づける
■WordPressをインストールしてサイトを公開してみる(デザインのカスタマイズはなし)

利用するプランは「スタンダード – ディスク容量: SSD 150GB 料金: 880円(税抜)~」です。
ドメインの取得・管理はお名前.comで行います。

mixhost(ミックスホスト)の申込み

まずは、mixhostの申込みを行います。
[ mixhost (ミックスホスト) ]

以下の画面に遷移するので、該当のプランを選択して「続ける」をクリックします。
mixhost プラン選択

次は、無料のサブドメインの登録を行います。
サブドメインの設定
このサブドメインを利用することはほとんどありません。
適当に入力していいという訳ではないですが、自分の好きな文字列を入れて貰えればOKです。
入力したら、「続ける」をクリックして下さい。

申込み内容の確認画面に遷移します。
プランに間違いがなければ、画面右側の「お客様情報の入力」をクリックして下さい。
mixhost プラン確認

次は、お客様情報の入力画面に遷移するので、各項目を入力して下さい。
申し込み内容入力画面
必要な項目をもれなく入力して貰えればOKですが、
メールアドレスを間違えるとmixhostからの重要なメールが届かないので、
必ず良く使っているメールアドレスを間違わないように入力して下さい。

入力が完了したら、「利用規約に同意しました」にチェックを入れて、「注文完了」をクリックして下さい。

この後は、確認画面は無いので、「注文完了」をクリックするとそのまま申込みが完了します。
申し込み完了画面

申込みが完了すると、mixhostから何通かメールが届きます。
その中に、
【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせ
というタイトルのメールが含まれているので、そちらのメールは大切に保存しておいてください。
コントロールパネルへのログイン情報」や「FTP情報」など重要な情報が記載されています。

ドメインの設定

次は、ドメインの設定を行います。

【お名前.com】ドメインの取得

まずは、お名前.comでドメインの取得を行いますが、取得するのは簡単です。
[ お名前.com ]へアクセスして下さい。

以下の画面に遷移するので、ドメイン名を入力して検索して下さい。
ドメイン検索

ドメインの選択画面に遷移するので、取得したいドメインにチェックを入れて、
画面右にある「お申込みへ進む」をクリックして下さい。
ドメイン選択

この後は、画面の指示に従って登録していくだけになるので、そのままドメインの取得まで完了させて下さい。

以下のページでも簡単に取得方法をまとめているので、参照してみて下さい。
[ お名前.comでのドメイン取得方法 ]

【お名前.com】ドメインのネームサーバ登録

ドメインの取得が完了したら、次は使用するネームサーバーを登録します。
お名前.comでのネームサーバーの登録方法は以下を参照して下さい。
[ お名前.comでのネームサーバ登録方法 ]

mixhostのネームサーバーは、以下の5つになります。

ネームサーバー1: ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2: ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3: ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4: ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5: ns5.mixhost.jp

この情報をお名前.comから登録します。

お名前.comの登録画面はこのようになります。
mixhostのネームサーバーを登録
※「ネームサーバー1」「ネームサーバー2」だけの登録でも動作します。
 私は、念の為に5つ全て登録しますが。

お名前.comの管理画面からこちらのネームサーバーを登録するだけですが、
登録完了後、その登録内容が反映されるまでにはしばらく時間が掛かります。

お名前.com側でネームサーバの設定が完了したら、次は、mixhostのコントロールパネルからドメインの追加作業を行います。

【mixhost】ドメインの設定

[ mixhost コントロールパネル ]にログインして下さい。
コントロールパネルのログイン画面
※「ユーザー名」と「パスワード」はmixhostから送信されてくるメールに記載されています。

ログイン後、コントロールパネルのトップに遷移します。
少し画面下に下がると「ドメイン」という領域があり、その中に、さらに「ドメイン」メニューがあるので、そちらをクリックして下さい。
コントロールパネルのドメインメニュー

「Create a New Domain」をクリック
Create a New Domain」をクリックして下さい。

ドメインの追加画面に遷移します。
「Create a New Domain」画面
Enter the domain that you would like to create」に該当ドメインを入力して下さい。

さらに、「Document Root (File System Location) 」のチェックを外して下さい。

以下のようなドメインのドキュメントルート(公開ディレクトリ)の設定項目が表示されます。
ドメインの公開ディレクトリを設定

Document Root(ドキュメントルート)」とは、HTMLや画像、CSSなどのファイルをアップロードするディレクトリで、ドキュメントルートにアップロードしたファイルがホームページとして公開されます。
1つ目のドメイン追加であれば、デフォルトのまま(チェックがはいったまま)でもOKですが、
今後、複数のサイトを公開される場合に備えて、ドキュメントルートもきっちりと設定しておきましょう。

ドキュメントルートは任意のディレクトリ名を設定することになりますが、
複数のドメインを追加していくと、煩雑になってしまいます。
今後の運用のことも考えて、ドメイン名をそのままドキュメントルートのディレクトリ名に設定しておくことをおすすめします。

これでドメインの追加は完了です。
新規ドメインの追加完了

サイトを公開

次は、いよいよWordPressを使ってサイトを公開してみます。

WordPressをインストール

それでは、WordPressをインストールしてみます。
まずは、コントロールパネル のトップページに戻って下さい。
※[ mixhost コントロールパネル ]にログインしていない場合には、ログインしておいて下さい。

画面下に下がっていくと「ソフトウェア」という領域があり、その中に、さらに「SOFTACULOUS APPS INSTALLER」メニューがあるので、そちらをクリックして下さい。
SOFTACULOUS APPS INSTALLERメニュー

インストールするソフトウェアの選択画面に遷移するので、WordPressを選択します。
WordPressを選択

以下の画面に遷移するので、そのまま「Install Now」をクリックして下さい
WordPressインストール確認

以下のような画面に遷移します。
WordPressインストール情報入力画面
こちらは、WordPressのインストールに必要な情報を入力する画面になります。
各項目に関しては以下にまとめているので、そちらを参考に入力して下さい。

■インストールしたいバージョンを選択して下さい。
「バージョン」は最新を選択して下さい。
■プロトコルの選択
ドメイン追加時にSSLもインストールされているはずなので、「https://」を選択して下さい。
※もし仮にSSLをインストールしない場合には「http://」を選択して下さい。
■ドメインの選択
WordPressをインストールするドメインを選択して下さい。
■ディレクトリ
空白でOKです。

■サイト名
「サイト名」を設定して下さい。
■サイト説明
「サイト説明」を設定して下さい。
※「サイト名」と「サイト説明」はインストール後にWordPress管理画面上からでも変更できます。
■マルチサイトを有効にする(WPMU)
チェックを外していて下さい。

■Admin Username
WordPressの管理者「ユーザー名」です。
■Admin Password
WordPressの管理者「パスワード」です。
「パスワード」には必ず記号を含めて、複雑な文字列を設定するようにして下さい。
※こちらで設定した「ユーザー名」と「パスワード」でWordPress管理画面にログインします。
■管理者Eメール
WordPressの管理者の「メールアドレス」です。

■言語の選択
「Japanease」でOKです。

■Select Plugin
こちらはプラグインというWordPressの拡張機能についての設定です。
必要なものにチェックを入れて下さい。
・Limit Login Attempts (Loginizer)
・Classic Editor
・wpCentral – Manage Multiple WordPress
良く分からなければ、取りあえず、「Limit Login Attempts (Loginizer) 」と「Classic Editor」にだけチェックを入れておいて下さい。
不要になれば、インストール後にWordPress管理画面上から削除できます。

■アドバンスドオプション
「アドバンスドオプション」はデータベースや自動更新設定、バックアップなどに関する設定です。
こちらも良く分からなければ、取りあえずはデフォルトのままでOKです。

■テーマの選択
「テーマ」とは、ざっくりというとサイトのデザインになります。
好みのデザインのテーマを選択して下さい。
※「テーマ」は無数に存在していて、インストール後でもWordPress管理画面から変更が可能です。

各項目の入力が完了したら、「インストール」をクリックして、インストールを開始して下さい。

しばらくするとインストールが完了します。
WordPressインストール完了画面

これでインストールは完了です。

それでは、早速WordPressの管理画面にアクセスしてみます。

WordPressを触ってみる

インストールまで完了したら、実際にWordPressの管理画面にログインしてみます。

インストールの完了画面に管理画面URLが記載されているので、そちらにアクセスして下さい。
※管理画面のURLは、「https://example.com/wp-admin/」になっていると思います。
※ドメイン部分は各自のドメイン名に変更して下さい。

以下のような画面に遷移するので、インストール時に設定した「ユーザ名」と「パスワード」でログインして下さい。
WPのログイン画面

ログインすると、以下のようなWordPressの画面に遷移します。
WordPressのダッシュボード
こちらはダッシュボードと呼び、管理画面側のトップページになります。

次は、ユーザーへの公開ページも確認してみましょう。
https://example.com/ へアクセスしてみて下さい。
※ドメイン部分は各自のドメイン名に変更して下さい。

以下のような画面が表示されていれば、OKです。
WordPressでサイト公開
※利用するテーマやテーマのバージョンによってユーザー側への公開ページのデザインは異なります。

実際には、このままだと何も情報が無いスカスカのホームページになってしまうので、本番公開といかないですが、
取りあえずは、これで公開できる状態にはなりました。
あとは、管理画面上から記事を登録するなどして、データを登録してみて下さい。

自分で触っているうちに、使い方であったり、ページの追加方法などは分かってきます。

で、ある程度の数の記事が揃ったら、実際に公開してみて下さい。
※最低、公開前に5~10記事くらいは投稿して下さい。