日本語ドメインとは

日本語ドメインというものをご存知でしょうか?

日本語ドメインとは、JPRS(日本レジストリサービス)という団体が2001年2月に登録サービスを開始した日本向けのドメインで、
■日本語.jp
■ニホンゴ.jp
■にほんご.jp
といった日本語名(漢字、カタカナ、ひらがな)のドメインを、使用することができます。

有名なところだと、「総務省.jp」「情報処理試験.jp」「渋谷駅.jp」などが使用されています。

以前は、この日本語ドメインはSEO効果が抜群と謳われていた時期もあり、
実際に、検索結果の上位に表示されていることもありました。

ただ、今はそこまでSEO効果が無いように思います。
さらに、デメリットも多いので、使用はあまりおすすめしません。

そこで、今回は、この日本語ドメインについて、
■そのメリット
■おすすめしない理由
などについて、詳しくまとめていきます。

日本語ドメインのメリット

日本語ドメインのメリットと言えば、
■ドメインを視覚的に認識しやすい
■ドメイン名を覚えやすい
■ドメイン名にインパクトがある
といった点になります。

認識のしやすさ、覚えやすさ、インパクト

まず、日本語ドメインのメリットと言えば、ドメインの文字列を視覚的に認識しやすいという点です。

例えば、
nihongo.jp」だと、頭の中でローマ字を日本語読みに変換してしまいますが、
日本語.jp」だとパッと見ただけでドメイン名を理解できるので、ドメイン名からサイトの内容をイメージしやすいです。

それに、日本語だと、日本人にとっては、覚えやすい上に、インパクトがあるので、
日本国内向けのサイトであれば、有効なドメインです。

Googleの検索結果画面に、ローマ字ドメイン(英語ドメイン)が並ぶ中で、一つだけ日本語ドメインが入っているとユーザーの目にも止まりやすいですよね。
検索結果 日本語ドメイン

SEO効果について

最初に少し触れたように、最近は日本語ドメインのSEO効果というのは薄れてきているように思います。
以前に比べると、検索結果で日本語ドメインを見掛けることはほとんどなくなりました。
※誰も使わなくなったというだけかもしれないですが。。。

現在、日本語ドメインを利用される目的は、
SEO効果を期待しているのではなく、視覚的にユーザーの目に留まりやすいといった効果を狙ってのものだと思います。

ただ、ここまでメリットについて述べておいて何なんですが、
実際のところ、私は日本語ドメインをおすすめしていません。

かなり前には、日本語ドメインが少しだけはやった時期もありましたが、
現在は、多くの方が日本語ドメインの使用を避けられています。

その理由は、こちらになります。

日本語ドメインをおすすめしない理由

日本語ドメインの主なデメリットをまとめると、以下になります。
■ピュニコード(Punycode)に変換される
■日本国内のサイトにしか向かない
■使用できないサーバもある

ピュニコード(Punycode)に変換される

日本語ドメインは、SNSなどで連携された際に、ピュニコード(Punycode)と呼ばれる表記に変換されてしまいます。

例えば、
日本語.jp
であれば、
xn--wgv71a119e.jp
という表示に変換されてしまいます。

これだと、かえって何のドメインか分からなくなってしまいます。

それに、SNS上だけではなく、
メールアドレスで使用する場合

メールにドメイン名を添付される場合
にも、ピュニコードに変換されます。

日本国内のサイトにしか向かない

当然ですが、日本語ドメインなので、日本国内に向けたサイトには向いています。
ただ、日本語を理解できる外国人の方は、ほとんどいないですよね。

海外からのアクセスも想定されるのであれば、日本語ドメインは避けた方がいいです。

使用できないサーバもある

日本語ドメインを使用できないサーバもあるようです。

特に、海外のサーバだと、日本語ドメインのことまで考慮してくれなさそうですね。

サーバ代を少しでも安く済ませようと海外の格安サーバを借りたのに、
いざ使用しようとすると使えなかった。。。
なんてことがあると、悲しいです。

最後に

以上のような理由から、日本語ドメインを利用するのはあまりおすすめしません。

確かに、日本国内に向けたサイトであれば、今は有効かもしれないですが、
インターネットというのは世界中の方が利用されます。

今よりもさらにグローバル化が進むと、日本語ドメインの価値はさらに下がっていく可能性もあるので、
ドメインはローマ字で取得することをおすすめします。

日本語ドメインを使いたい場合

どうしても日本語ドメインを使いたい場合は、
日本語ドメインとローマ字ドメインの両方を取得する

日本語ドメインへアクセスした場合には、ローマ字ドメインに転送させる
といった運用にされることをおすすめします。

転送(リダイレクト)方法

日本語ドメインからローマ字ドメインへのリダイレクト設定は、.htaccessを使えば簡単です。

例:日本語.jpnihonngo.jpへリダイレクト
①、「日本語.jp」をピュニコードへ変換
 ピュニコードへの変換は、こちらのサイトから行えます。
 「日本語.jp」をピュニコードへ変換すると、「xn--wgv71a119e.jp」となります。

②、.htaccessへ以下を追記

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^xn--wgv71a119e\.jp
RewriteRule ^(.*)$ http://nihonngo.jp/$1 [R=301,L]

これで設定は完了です。

因みに、日本語ドメインでもSSL(HTTPS)を利用できるので、そちらの設定も忘れずに行って下さい。

「.コム」ドメインも登録可能

実は、今では「.com」を日本語にした「.コム」というドメインも登録が可能になりました。

その為、
■日本語.コム
■にほんご.コム
■ニホンゴ.コム
といったドメインを取得することも可能になりました。

といっても、やはりおすすめしませんが。

興味のある方は、以下で検索してみて下さい。
https://www.onamae.com/campaign/acgsms/4th.html

まとめ

■日本語ドメインは、日本人にとっては、ユーザーの目を引きやすく、覚えやすい。
■ただし、日本語ドメインは、日本国内向けのサイトにしか向かない。

■海外からのアクセスも意識するのであれば、ローマ字ドメインを取った方がいい。
■仮に日本国内向けのサイトであっても、将来のことも考えて、やはりローマ字ドメインを取った方がいい。
■また、SNS上でシェアされることを意識するのであれば、必ず,日本語ドメインは避けるべき。