ブログで記事を書く場合には、SEOを意識した文字数にすること

まじめにブログを運営されている方であれば分かると思うのですが、
記事をコツコツ増やすのは大変です。

でも、増やさないと、自分のブログへのアクセス数を増やすのは難しいです。

さらに、記事を単に増やすだけではなく、内容を充実させないと、
今は、Googleの検索ランキングの上位になかなか上がってこなくなりました。

ただ、具体的にどうなっていれば「内容が充実している」と判断すればいいのか困りますね。

そこで、その基準の一つとなるのが、1記事当たりの文字数です。

この文字数については、明確な基準というのはありません。
その為、残念ながら、いろいろ意見が分かれています。

さらに、文字数が検索ランキングに影響しないということを、Googleは認めています。
その為、最低文字数を気にしても意味が無いという意見も多いです。

そこで、私の意見をまとめてみたいと思います。

1記事当たりの最低文字数

最低文字数は2,000文字以上

まず、最低文字数ですが、
以前は、500文字以上とか、800文字以上とか、1,000文字以上とか、いろいろ言われていましたが、
最近は、検索上位に上がってくる記事を調べると、2,000文字以上、3,000文字以上・・・と、どんどん増えてきています。

が、その辺は、やはり意見が分かれています。

私自身は、SEOを意識して上位表示させたいのであれば、「最低2,000文字」を、1つの基準にしていいのではないかと考えています。
※欲を言えば、「最低3000文字」は書きたいです。

2,000文字以上の文章であれば、それなりのコンテンツ量になりますし、
メインのキーワードだけではなく、関連したキーワードもちりばめられます。

ただし、全ての記事で同様に2,000文字以上を基準にすべきかと言えば、そうではないです。
それについても、あとで説明します。

最低文字数を意識する上での注意点

記事を書く上で注意するべきは、
無理に文字数を増やそうとして、
・意味の伝わらない文章になっている
・中身の無い薄っぺらい情報まで記載してしまっている
ということが、無いようにしないといけません。

読み手に有益な情報を的確に正しく伝えるということも意識しないといけません。

関係のない情報で文章を増やしてしまうと、記事自体が煩雑になってしまって、
流入してきたユーザーが欲しい情報を直ぐに見つけられないということもあり得ます。

その為、2,000文字以上にするのは大変です。
が、そこは、「ユーザーにとって役立つ情報は何か?」ということをしっかり意識しながら、
頑張ってコツコツと文章を書いていくしかありません。

最低文字数を意識する必要のない記事

私は、技術ブログを書いているのですが、
例えば、PHPというプラグラム言語にはecho()という関数があります。

このecho()の使い方を調べているユーザーに対して、長々と記事を書く必要はあるでしょうか?

いえ、無いですね!
echo()の使い方さえ簡潔に示せればOKで、ユーザーもそれ以上の情報を求めていません。
もう少し専門的な話をすれば、echo()は、print()という関数と比較されることも多いので、
それについても記載されることが多いです。

が、やはり、それでも2,000文字以上もの記事にする必要はありません。
※もちろん、記事が短すぎても良くないので、その点も意識した方がいいです。

1記事当たりの文字数の上限は?

記事を書く上で、文章量が多いにこしたことはありません。
それに、文字数が多いからと言って、SEO上、不利になることはありません。

ただ、
人が記事を読む上で、苦痛にならない程度には文章量を押さえる!
とうことも意識した方がいいという意見もあります。

その意見も分かりますが、やはり、私は意識しなくていいと思います。

というのも、文章量が多くなる場合には、文章をいくつかの段落に分けて、
あとは、内容ごとに見出しを付けて、見やすくすれば、問題ないです。

そうしておけば、読む側もそれほど、苦痛にはならないと思います。

それよりは、記事を書いた後に自分でざっと読んでみて、
読みやすかったか?」ということを確かめてみて下さい。

それで、少しでも読みにくさを感じれば、
・文章の書き方を少し変えてみたり
・要らない情報を削ったり
して、内容を修正していけばいいです。

Googleのアドバイスを意識すれば、やはり、短い記事はNG

WEB制作の仕事をされている方であれば、
Googleのウェブマスター向け公式ブログ「良質なサイトを作るためのアドバイス」に目を通されたことがあると思います。

こちらにも、以下のようにも記載されています。

記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

Googleは、文字数を検索ランキングのシグナルには組み込んでいないですが、
やはり、短い記事自体はあまり良くないようですね。

ただ、Googleが求めている「良質なサイト」づくりを意識するのであれば、
短い記事になることは、あまりないと思いますが。

最後に

最初に少し述べたように、文字数と検索順位は関係ないので、単に文字数を増やしたからと言って、SEO対策になるわけではありません。
文字数を気にすることには否定的な意見もあります。

ただ、検索上位に上がってくるページは、ほとんどの場合、かなりの文字数です。
その為、私は文字数も意識した方がいいと考えています。

一応、最低2,000文字以上の記事を書くことをおすすめしていますが、最近は2,000文字以上の記事はざらにあります。
10,000文字(1万文字)以上の記事もあります。

ユーザーにとって有益だという情報があれば、
2,000文字にこだわらず、どんどん記載していっていいと思います。

そうすることで、メインのキーワードと関連する様々なキーワードでユーザーが流入してしてくる可能性も増え、閲覧数も増えます。