SEO対策とは

SEO対策とは、Search Engine Optimizationの頭文字をとった略で、日本語で「検索エンジン最適化」と言います。

ユーザーが何か欲しい情報を検索エンジンで検索すると、自分のサイトは出来れば1ページ目の一番上に表示させたいですね!
例え一番上に表示されなくても、1ページ目には表示させたいところです。

2ページ目以降だと、ユーザーの目に触れる機会が極端に落ちるので、
頑張って1ページ目の、出来れば上位に表示させたいですね。

その為の施策が「検索エンジン最適化」、つまりSEOというものです。

SEO対策でやる事は、
大きく分けて、内部対策外部対策(被リンク対策)がありますが、
こちらのページでは、細かい設定については説明しません。

が、それぞれについて、簡単に情報だけまとめておきます。

因みに、現在、日本で使用されている検索エンジンは、GoogleYahoo!がほとんどの割合を占めています。
が、Yahoo!はGoogleの検索ロジックを利用しています。

つまり、SEO対策で意識すべき検索エンジンは、Googleのみと考えて貰って大丈夫です。

内部対策

内部対策とは、サイトのコンテンツの質を上げることで、
Googleに自分のサイトをしっかりと評価して貰う為の対策です。

一番重要なのは、タイトルタグ(<title>タグ)というものです。
タイトルタグは、そのページのタイトルを設定する為のタグで、
Googleは、このタイトルの内容を解析してユーザーが探しているページを返します。

あと、<h1>タグや<h2>タグ、ディスクリプション(検索結果一覧のタイトルの下に表示される、説明文です)も重要です。

その他にも、
・ページの表示速度を上げる
・<img>タグのaltをきちんと設定する
・XMLサイトマップを用意する ※Google Search Consoleへの登録も
・パンくずを作成する
・URLを最適化する(むやみにディレクトリ構造を深くしない、何のページか分かり易いディレクトリ名にする、など)
・良質なコンテンツを作成する
・Googleのクローラーに自分のページを見つけて貰いやすくする(インデックスといいます)
・その他いろいろ
など、
やる事が多いです。

外部対策(被リンク対策)

外部対策とは、被リンクを集める為の対策です。
ざっくりと言えば、自分以外のサイトに、自分のサイトのURLを貼って貰う対策です。

内部対策も重要ですが、外部対策の方がより重要です。
というのも、Googleは、そのページが、他サイトからどのくらいリンクを貰っているかで、ページを評価しています。

その為、内部対策だけでは、検索上位に持ってくるのは難しいです。
他サイトからリンクを貼って貰えるような仕組みを作ったり、良質なコンテンツを用意して、
多くの被リンクを集められるようにしましょう。

因みに、
意味のない被リンクを大量に貰うと、Googleからペナルティーを受けるので、注意しましょう!

例えば、SEO関連のブログ記事に、全く関係のない不動産サイトへのリンクを貼っていても、
SEO関連の情報を探しにきたユーザーには何の役にも立ちませんよね。

その場合は、下手をすれば、
Googleからペナルティーを受けて、検索順位が下がってしまうので、気を付けて下さい!

SNS(ソーシャルメディア)との連携

SEOに直接の影響はないですが、SNSとの連携も大切です。

有名どころだと、FacebookTwitterInstagramなどがありますね。
SNSを上手く活用することで、間接にですがSEO効果が生まれることがあります。

例えば、これらのメディアで拡散されれば、そこからサイトへの流入が増えるので、
いいね!ボタンツイートボタンなども設定して、
いつでも拡散して貰えるようにしておきましょう。

最後に

SEO対策はやる事が多い上、正しく設定していても、競合となるサイトが多いと、
自分のホームページを検索上位に持ってくるのは非常に難しいです。

その為、専門業者に任せる企業も多いですが、利益とも直結するので結構高いです。

ただ、SEOについては、自分で勉強して対策していけば、業者に任せなくても十分に対応できます。
※SEO対策に大金を掛けるのは、勿体ないです。

あと、有料の場合が多いですが、
セミナーなども定期的に開催されているので、そこで知識を得るという方法もあります。
・セミナーを探す際のおすすめサイトは、ストアカです。
 https://www.street-academy.com/tokyo/seo

因みに、もしWordPressを利用されている場合には、内部SEO対策がしっかりと行われたテーマがあるので、それらを選択するという選択肢もあります。

最後に、Googleの検索ロジックは常に変更されています。

定期的に最新の情報を収集して、ロジック変更に応じた対策を行っていくことも重要です。