JPドメインとは

日本「JAPAN」を表すドメインで、
国別コードトップレベルドメインと呼ばれるドメインになります。

日本レジストリサービス(JPRS)という団体で管理されています。
https://jprs.jp/

・汎用JPドメイン(「.jp」)
・都道府県型JPドメイン(例:「.tokyo.jp」「.osaka.jp」)
・属性型・地域型JPドメイン(例:「.co.jp」「.go.jp」)
の3種類に分けられますが、
一般的によく見かけるのは「.jp」と「.co.jp」くらいなので、
この2つのドメインについては以下で説明します。

目的のドメインが空いているかは、以下で確認できます。
https://jprs.jp/registration/

「.jp」とは、どんなドメイン?

汎用JPドメインと呼ばれるドメインです。

日本国内でサービスを展開される場合には、
他のドメインと比較して信頼度が圧倒的に高いので、
このJPドメインが有効です。

「.jp」は誰でも取得できるの?

日本国内に住所があれば誰でも取得は可能です。
勿論、個人でも取得できます。

どのようなサイトに向いているの?

どんなサイトで利用してもOKです。
コーポレートサイトやサービスサイト、ブログサイトなど、
様々なサイトで利用されています。

ただ、他のドメインと比べると、少しお高めのドメインです。
その為、個人で取得している方は、ほとんどいないです。

値段は、お名前.comのサイトで確認してみて下さい。
https://www.onamae.com/service/domain/jp/

「.co.jp」とは、どんなドメイン?

属性型JPドメインに分類されるドメインです。
大手企業のコーポレートサイトでは、ほとんどがこのドメインを
利用していて、信頼度がさらに高いドメインになっています。

「.co.jp」は誰でも取得できるの?

法人向けに用意されているドメインで、日本で登記された会社のみが取得できます。
個人や個人事業主では取得できないドメインになっています。

その為、取得する際には、登記情報(登記年月日、登記地都道府県、登記地住所、代表者名)も必要になってきます。

また、法人登記が済んでいない場合でも、仮登録申請の手続きを行うことで、事前に登録しておくことが可能です。
ただし、半年以内(6か月以内)に登記を行わなければ、ドメインが廃止されます。

どのようなサイトに向いているの?

コーポレートサイトに向いています。

注意点

1法人で1ドメインしか取得できないので、事前にきっちりと考えた上で、
どのような文字列のドメインにするかを決定しましょう。
通常は、会社名をそのままローマ字に置き換えることが多いです。

また、「.co.jp」で取得したドメインの文字列を悪用されると困るので、
同じ文字列で「.jp」「.com」も取得しておきましょう。

国別コードトップレベルドメイン(ccTLD:country code Top Level Domain)とは

各国に割り当てられた国名コードを割り当てたドメインです。
※例外もあります。

例えば、
アメリカであれば国名コード「US」を割り当てて「.us」、
ロシアであれば国名コード「RU」を割り当てて「.ru」、
が設定されています。

誰でも取得できるの?

通常は、その国に住所がある組織や個人でないと、取得できない場合が多いです。

「.me(モンテネグロ)」や「.co(コロンビア)」など、その国に住所が無くても、
取得可能なドメインもあります。

ただし、本来は日本に割り当てらているドメインではないので、
コーポレートサイトに使用するのは避けるべきです。
それと、これはマナーの問題になりますが、
その国に迷惑を掛けたり、その国の人たちを不快にさせるような使い方も避けるべきです。